What’s子宮頸がん


あなたにも子宮頸がんのリスクがあります

woman

子宮頸がんは、子宮の入り口にできるがんで、近年20~30代の女性で急増し、問題となっています。子宮頸がんは発症前に発見・処置できれば、ご自分のからだや妊娠・出産に影響することはほとんどありませんが、進行すれば子宮の摘出や抗がん放射線治療も必要になります。

子宮頸がんは「HPV(パピローマウィルス)」というウイルスの感染が原因です。このウイルスは男性との性交渉により感染するため、多くの女性が一生に一度は感染するといわれます。通常HPVは体外に自然に排出されてしまうため深刻な影響はありませんが、まれにHPVの中でも特に高い発がん性を持つHPVの感染が長期化し、子宮頸部の細胞が異常化しがんを発症します。

 

 

自分のからだは自分で守りましょう

子宮頸がんは初期の段階では自覚症状がほとんどないため、しばしば発見がおくれてしまいます。出血や痛みといった症状が現れた時には、すでにがんが進行していることも多いのです。

がんの徴候を早く発見するためには、検診を定期的に受けることです。当院ではウイルスへの感染を防ぐ「子宮頸がん予防ワクチン」の接種もおこなっています。このワクチンはすでに発症しているがんを治療することはできませんが、ウイルスに感染する前に接種をすることで、子宮頸がん予防に高い効果が期待できます。
woman&drただし、予防ワクチンだけで子宮頸がんを100%予防することはできません。併せて定期的ながん検診を受けることが必要です。

gosoudan