手作りおやつ好評です!


急に寒くなってきましたね。

たかき医院の裏庭もさまざまなものが秋の実りを迎えています。その一つが「栗」です。
もともとは高木成子院長が、たかき医院に小さいころ風邪などでよく通院していたあるお子さんからもらった栗を植木鉢に植えて芽をだしたものを裏庭に植え替えたところから始まっています。
「桃栗三年、柿八年」ですから、ちょうど実がたくさんつく年になったのでしょうね。今年は豊作でした。楽しく毎年収穫しているんですよ。

さて、この栗がどうなったかと申しますと、、、、。

たかき医院では月曜と金曜に厨房さんたちが手作りでおやつを作ってくれてふるまう「ティータイム」なるものが入院中の患者さま向けにあります。
そこで、こんな形に変身して登場しました!!

モンブランケーキ!!

丸ごと一つ栗が入っていて、甘さ控えめ。
とてもおいしかったですよ。

入院のご予定のある方は「ティータイム」を楽しみにしていてくださいね♡♡♡