冷しゃぶの冷製パスタ♪


皆さん、こんにちは! 食いしん坊な方の中の人です。

先週の金曜日のランチは、冷しゃぶのパスタでした。

9月に入ったとはいえ、まだまだ暑い日、金曜日は蒸し暑くて、身体が冷たいものを求めてる…。

で、冷しゃぶです。

医院の冷しゃぶ肉はちょっと厚めでボリュームたっぷり!

でもとっても柔らかくてジューシーなんです。

 

そのコツを少しご紹介。

ゆでる時にお湯に少し塩を入れて、お湯が沸騰したら火を止めて少量の日本酒を入れると豚肉の臭みをとることができます。

お肉を柔らかくするコツは、グツグツ煮てしまわないこと。

日本酒を入れたらお湯を冷まし、70度くらいになったらお肉を入れます。

ここで火をつけますが、とろ火でOK。ゆっくりとお肉がピンク色になるのを待ちましょう。

鍋から上げたお肉は氷水ではなく、30度くらいの冷たすぎない水に入れて荒熱をとります。

冷ましすぎるとお肉が硬くなります。

水から上げたらよく水分を切って、表面が乾かないようにラップも忘れずに!

たっぷりのお野菜と大根おろしで、さっぱりと食べられる冷しゃぶパスタでした。

 

サツマイモとニンジンのサラダは、ほっこり甘くて、「食欲の秋」状態の胃を満足させてくれます。

 

デザートに甘い完熟パイナップルを頂き、大満足な食いしん坊な方の中の人でした。